<   2006年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧
次のネイルイベントはどこかな。
a0080035_2325834.jpg
今度のネイルイベントは名古屋です!コンテストはプロ部門で”フレンチスカルプチュア”、”ネイルケア”と言う”ネイリストの王道”と言われる2種目が行われます。
各販売ブースも充実♪どのブースも”この日に限り!!”という、驚くような安価でネイル商品が購入出来て、サービスもしてくれるそうですよ~。もしタイミングが合えば有名ネイリストに施術してもらえるチャンスもあるんですって!

★NAILX(ネイリックス)ネイルコンペティション★
 詳しくはHPをご覧くださいませ
【日時】
2006年9月4日  9:00~19:30 入場無料
【開催内容】
ネイルコンペティション、検定対策セミナー、デモンストレーションステージセミナー、ネイルグッズ特別展示、販売会(10:00~18:00)
【会場】
会場名古屋市中小企業振興会館(第1・第2ファッション展示場)
〒464-0856 愛知県名古屋市千種区吹上2-6-3 TEL:052-735-2111
【★特別特典★】
会場に来ている”所長”(←あ、私のことです)を発見出来れば特別サービスがあるかも(笑)!

1日1クリックで応援お願いしまーす!!
[PR]
by nailexpo | 2006-08-29 23:51 | ネイルイベント。
ダイヤの存在感ネイル。
a0080035_1411593.jpg
この前のイベントのときのお買い物で買った、一目ぼれポリッシュです!
デザイナーシリーズ by O.P.I 009 luxury

雑誌で見て気にはなっていたものの、現物を見たのはこのとき初めて。O.P.Iの棚の中でもデザイナーシリーズの12種類はひときわキラキラと輝いてゴージャスなんです。特別感たっぷりの「箱入り」だというだけが理由ではないはず。とにかく、宝石がちりばめられたみたいに美しい!それもそのはずで、ダイヤモンドパウダーと、パールのような光沢の超微粒子パール、クリスタルパールが配合されているんです。もう、これでもかっ!これでもかっ!の光りっぷり(笑) 
「ラメ」でも「パール」でもない、複雑で深い輝きとでも言うのかな。ドレスを着るときには(そんな機会があればの話)絶対にこれをつけたい!十分ジュエリーの代わりになってくれるぐらいの存在感。
a0080035_14233287.jpgキャップの部分もシルバーメタリックで特別っぽさ満点。実は、デザイナーシリーズはブラシもちょっと違うらしい。毛1本の断面が平べったい長方形になっていて(普通は円形)、より美しく、少ないストロークで仕上がるように計算されているのだそうです。


a0080035_14304489.jpg豪華な存在感なので1色塗りで十分。
アートなんて要りません!
このカラー、けっこう目立つみたい。それと、ツヤの違いか、「それホントのツメ?」とも聞かれます(笑)。付け爪っぽい完成度を発してるのかもしれない(笑)。

デザイナーシリーズbyO.P.I、キラキラ好きさんには大好物なはず♪簡単に塗れるので(特別なブラシのおかげなのねっ!)初心者さんにもよいですよ。
1日1クリックで応援お願いしまーす!!
[PR]
by nailexpo | 2006-08-23 14:37 | プロダクツ。
1,000円ネイルサロン4【スカルプ物語】。 
1,000円ネイルサロン探訪完結編! 『スカルプチュアのできるまで』でございます。
夏休みの自由研究のお役に立つかもしれないぞ。ちびっ子必見(笑)!

まずは簡単なネイル&スカルプチュアの歴史から 
古代エジプトから爪に染料(ヘナ)を塗るという習慣がありはしたようですが、1920年代初頭アメリカで、車の塗装用として開発された速乾性のラッカーが、30年代になりネイルポリッシュに進化したというのがマニキュアの始まり。同じく1930年代に付け爪(イクステンション)も考案されます。最初は歯科の材料そのままという感じで、黄色味を帯びた歯のように硬いものだったそうです。1970年代になると歯科材料の進化と共にイクステンションの材料・技術も飛躍的に進歩していき今に至ります。
ちなみに、日本にマニキュアが入ってきたのもちょうどこの頃だったようですが当時サロンも数店舗、利用するのも芸能人などの限られた人々だけ。ネイルって日本ではたったの30年そこそこの歴史しかないんですね。

言葉の定義
イクステンションとは付け爪の総称。スカルプチュアネイル、チップオーバーレイなどで、求める長さを作るテクニック。
では、スカルプチュア(スカルプチュアネイル)とは?
スカルプチュアとは彫刻の意。モノマーとポリマーの材料をネイルフォームを装着した爪に、ブラシを使ってネイルの形に仕上げていくテクニックのこと。

では。これを踏まえたうえで実際の手順を見ていきましょう。(前置き長かったかな)
a0080035_152626.jpgまずは プリパレーション(下準備)から。長さをファイルで整え、キューティクルのケアが済んだら、ファイル(爪ヤスリ)で爪の表面をツヤがなくなるまでサンディング。これが爪に申し訳ない気持ちになるんですよ(笑)。でも上に乗せるものとの密着を高めるためには傷をつける必要があるんですね。このとき出たダスト(くず)はブラシできっちり払っておかないといけないんだそうです。
a0080035_15314293.jpgスカルプ装着の前ににつけて、接着や耐久性をよくする プライマーという薬品を塗ります。ちなみに、 プレプライマーというのもあり、プライマーの前に使用。そちらは爪の表面の油分をとり、爪を雑菌から守る担当。
準備は済んだので成形の作業に入りま~す。爪と指の隙間に フォームと呼ばれる台紙をギュギュッと押し込んで装着。a0080035_15513436.jpga0080035_16382.jpgこれが少し痛い。角度やカーブに気をつけてフォームを装着することがかなり重要ポイントのようです。そしてこのフォームというもの、シール状になっていることを初めて知りました。右の写真、粉末がポリマー
a0080035_1632035.jpg液体がモノマー。この二つを筆で混ぜてつくった粘土のようなものがスカルプチュアのもと、ミクスチュアなのです。筆にミクスチュアをとって、フォーム装着中の爪にのせます。乗せ方にももちろん決まりがあるようです。まずは先端に乗せて左右に広げる。それから爪の真ん中あたりにももう1回乗せて、広げる。先端と中央部分のミクスチュアをつなげて整えていくというのが大まかな手順。
a0080035_16203643.jpga0080035_16205096.jpgミクスチュアが 硬化(かたまること)しだしたらフォームをはずします。そして、Cカーブ(爪先端の指に沿った丸み)を整えるピンチングという作業をします。スカルプチュアのついた爪の両サイドをギューっと押さえつけている感じです。最後にファイルで長さと形を整えて終了。

a0080035_16363536.jpgどうですかー?人差し指と小指の2本にスカルプチュアがついてます。自爪にはある黄ばみがスカルプにはありませんね♪
うーん、キレイ。
人工のものゆえ自爪とは体温の伝わり方が違うらしく、スカルプに塗られたカラーはとってもはげにくいですよ。


うっかり爪が折れてしまったとき、以前はせっかく伸ばしたほかの爪まで短く揃えなくてはならなかったけれど、スカルプチュアのおかげで短い爪の方を長くしておけるということを身をもって学びました(笑)。

では思い出しましょう、ここでこのスカルプをしてもらうのにいくらかかったでしょう?
はい、1本945円でしたね。これだけの作業が1本分945円とは恐れ入ります。
2~3週間したらお直しが必要と言われていますが・・・つなぎ目が浮いてきてそこに水が入りカビが・・・なんてことになりそうなら即刻サロン行きだけど、普通だったら自爪が伸びてきてできたわずかな段差さえ気にしなければ1ヶ月ぐらいは余裕でもちます。そして人間の爪は1ヶ月に3~5mm爪は伸びるのでスカルプをはずす頃には自爪もなんとかイケるぐらいの長さになっているという!(笑)
スカルプをしていても普通にマニキュを塗ったりオフしたりできますからね。
ちなみにもひとつ復習。スカルプをオフするのにかかるお値段は・・・1本525円でした!
カラーは自分でしたとしても、折れた爪はサロンでお直し。これってなかなかよいネイルサロンの活用法だと思いますよ。

a0080035_1763418.jpgだいぶおなじみになりましたが(笑)、
今回私がスカルプ体験したのは・・・
nailland(ネイルランド)板橋店  
詳しくはHP ※クーポンあります
東武東上線、東武練馬駅前SATYの2階。
コスメフロアは1階ですが、こちらは2階。
メガネ屋さんのおとなりです。

 なぁるほどね。と思った方も 常識ですわ。と思った方も スイッチオン。


a0080035_18215079.jpg参考図書 :  『Beautiful NAIL Plus』 新美容出版株式会社
         木下美穂里 著
[PR]
by nailexpo | 2006-08-22 17:18 | ネイルサロン体験。
素人ネイルに小ワザを!
a0080035_15413850.jpg
a0080035_16104270.jpg1,000円ネイルサロンでした ブルーソーダのフレンチ
with 3Dフラワー
がとっても長持ちしてくれたので、このときサロンで買ったのになかなか出番がなかった ネイルシールをようやく使うことが出来ました(笑)。
素人には作成の難しい3Dアートですが、「このぐらいのアートだったらシールがあれば再現できますよ~」とネイリストさん。「ならば!」と、ネイリストさんに「シールに見えないシール」をチョイスしてもらって購入したのがコレ。 Embellir アンベリル ネイルシールぷっくりスカルプ3DRubberArt ぷくっと盛り上がっているところが、ポイントだそうです。確かに、これなら、やってもらった3Dアートにちょっと似てる雰囲気かも。
私も以前、ネイルシールなるものを使用したことがあるのですが、これよりずっとちゃちくて、いかにも「自分でアートしました!」になっちゃってむしろ安っぽい雰囲気になってしまったのです。それが悲しかったので、“ネイルシールはご法度”という自分の中でのルールを作っていたぐらい(笑)。
a0080035_1553591.jpgしかし最近のシールはなかなか質が良い。ピンセットで掴んだらきれいにはがれます。そしてかなり粘着力が強くて、爪の上に乗せたらぴたっと密着してもう動かない。ガッチリついているので途中ではがれるコトもなかったですよ~何人かの人にも「かわいいアート♪」と褒められたので「実はシールだよ」と言うと、意外にもみなさん「へ~!!」とビックリ。近くで良く見なければ全く問題ないということだね。期待以上に、本物っぽく見えるらしいです。先日のブルーソーダネイルをピンクで再現してみました~♪

a0080035_15593094.jpgで、このときに使ったベースのポリッシュが、ホワイト玉虫色のエスティローダー ピュアカラークールネイルエナメル804アークティック。2年前の限定色だったみたいですね~。この前お友達に会ったときに御殿場アウトレットのお土産ということでいただきました♪涼しげな雪の結晶プリントと、涼しげな色にうっとりです☆カワイイ・・・・・。


高校野球が終わった。
夏も終わるね。

[PR]
by nailexpo | 2006-08-21 16:12 | プロダクツ。
1,000円ネイルサロン その3(フット編)。
a0080035_0393448.jpg少々間があいてしまい、ごめんなさい!先日から連載中(?)の『1,000円ネイル探訪』、お待たせしましたのフット編でございまーす。こちらのサロンはハンドとフットを同時にしてもらうスペースがありません(なにせ大型スーパーの一区画)。なので、ハンドの施術が全て完了してから、フットのスペースへ移動する段取りになっています。フットコーナーはわずか1席。美容院風の白いシートに腰かけ、手前に見える細いバーのようなところに足を乗せておくようになっていました。さて。コースはいかがいたしましょう?ハンドは1,000円~が売りのこのサロンですが、フットにもリーズナブルコース、ありますよ~。
2,625円のプチフットコースがそれ。というわけで、フットケアスタート!

a0080035_0394940.jpgここに座ってまずはフットバスに足を浸して甘皮をやわらかくします。中には入浴剤が入っているみたい。
5分ぐらい経つと、「片足を出してくださいねー」といわれるのですが、なんとそのままファイリングに入るではないですか!「え!ケアはなしですか!?」と訊ねると「はい。ケアを入れると 5,775円のクイックフットコースになります」とのこと。うーん。なるほどねぇぇ・・・・。a0080035_1151818.jpgしかし、足の甘皮処理は手よりさらに難易度が高く、ぜひともプロ任せにしたいポイントなので、ケアしないで帰るなんてガマンできない(笑)!はい、クイックフットコースにご変更~。 (「甘皮処理だけで3,150円アップはちょっと痛いなぁ」←心の声) カラダがやわらかくないと足のファイリングも甘皮処理も難しいよねぇ。そのために毎日柔軟体操しようかな。それに、足の指はあんなに小さいし、手の甘皮よりも硬そう。やっぱりどう考えても自分でやるには難しすぎだぁぁ。

足がすっきりさっぱりし、1ヶ月ぶりに、私の足の爪ちゃんにコンニチハができました(笑)。やっぱり 素爪がこうでないとネイルも映えないもんね。 
a0080035_1133751.jpga0080035_1134918.jpgカラーはハンドのときと同じで、コースに含まれているのは1色塗りのみ。フットにもキャンペーンアートが2種あったのでオトナっぽい雰囲気の方を選んでみました。a0080035_1143158.jpgはい、 アート代2,500円追加。ここまでくるともう最後の支払いのことはかなりどうでもよくなってきてます(笑)。かわいく仕上がったほうが絶対帰るときに満足できてるはずだから後悔はないわっ!!
アート使用ネイル:OPIR04(ゴールドオレンジ)、essie344(イエローがかったホワイトパール),TINS033(ゴールドラメ)。
作り方:ホワイトパールをベースに2度塗り→ゴールドオレンジを外側半分に重ねる(変形フレンチ?)→フレンチの境界線をラメで腺を引くように描く→ゴールドオレンジ色のストーンを全部の指に。

a0080035_124273.jpgこちらが完成形ですー!!今回は上品目な色使いですが、小指にまでちゃんとストーンが乗っているところがかなりポイントです♪この色のストーンだと、「あれ?足の爪に いくらついてるよ?」といわれそうでヒヤヒヤです(笑)。そして今回もまたマネッこできそうなアートですよね♪お手本にして自分でもアレンジしてみたいと思います。サロンでアートをしてもらうと「そっか。こういう風にすればいいのか」とアートの仕方がけっこう勉強になります。ただ漫然と雑誌上で見ているよりも、実際アートを施しているところを見ると全然違います。文字通り「目の当たり」っていうんでしょうか。

a0080035_1311131.jpgクイックフットコースは45分という設定。ハンドとフットを両方いっぺんにできないので、ハンドに1時間、フットにも1時間弱とそれぞれ時間がかかってしまうので、最終的には“クイック”にはなりませんでしたね(笑)。 パッとやってパッと帰るためにも、1度にするのはハンドかフットのどちらか。その分、まめにサロンに寄る。というのが賢い使い方ではないかと思いました♪
 
ではフットのお会計。
クイックフットケアコース5,775円+キャンペーンアート2,500円=8,275円でした!
ハンドにかかったお値段は前回のサロンと今回ではほとんど変わりありませんでしたが、フットにはかなりの差が出ました!もちろんコースも違うんですけどね。※ちなみにこの1,000円ネイルサロンで、マッサージ&角質除去付きの最も高価なコースですと9,450円。それにアートしたとしても11,950円。

ネイリストさんに、どうしてハンドよりフットの方が値段が高いんでしょう?と質問してみましたが、「うーん・・・そうなのが当たり前だと思っていて考えたこともないわぁ」とおっしゃってました。どうやらネイル界の常識のようです。でもなんでだろうなー。

a0080035_1241493.jpgnaillandネイルランド板橋店 サロンのHP
こちら、フット用のシートに座った私の「見た目」。
下にはネイリストさんをひざまずかせています。そして真正面にはハンドの施術を受けているみなさんとネイリストさんが一直線に見えまーす。しっかり囲われているので意外とリラックスできちゃいます。

 この夏こそサロンデビュー、しませんか!?
[PR]
by nailexpo | 2006-08-17 01:44 | ネイルサロン体験。
はじめてのネイルイベントin横浜。
a0080035_14443736.jpg先週木曜日に行われた、第5回世界エアブラシコンペティション(WAC)in横浜 。遅くなってしまいましたがレポートでっす。大変お待たせいたしました~★(実は先週からPCが壊れてしおりまして愛機は修理中。ノロ過ぎなサブPCで乗り切ります・・・)会場は横浜のシンボルのひとつ、“ランドマーク”の中にあるランドマークホール。私が到着したときには既に最初の競技が始まっていたし、お買い物コーナーも人だかりができていました
このような、各地域で開催される中規模なネイルイベントとは「競技」「ステージ」「展示会」の3本立てとなっているようです。それぞれについて詳しく見ていきましょう。

「競技」(コンペティション)
a0080035_1581813.jpg
a0080035_15575324.jpg









ホールの中にはパイプ椅子&折り畳み机がズラッと並んでいてそこには競技者とハンドモデルさんのペアがぎっしり。テーブルの上は機材だらけ。エアブラシの大会なので、プシューっとやるエアガンに、コンプレッサーまで各自装備。エアブラシアートは、サロンでの繊細なグラデーション作りなどのアート作成に欠かせないものですが、エアブラシアートの競技っていうのは、普通ではありえない長さの爪(ジョイナーみたいな?古っ。)10本全部をキャンバスに見立てたかなりクロウト向けのアート競技でございます。なんかこう、ラッセン調というか・・・そういうイメージです。
90分の競技時間が終了すると、ネイリストさんたちは素早く荷物を片付け撤収。わりと体育会系なところもある世界(と感じる)なので、もたもたしてると叱られるんじゃないかというぐらいの緊張感(笑)。ジョイナー状態のモデルさんたちは全員ジャッジスペースへ移動。
a0080035_15235949.jpga0080035_15242952.jpga0080035_15244120.jpg






ズラッと並んで座らされるとそこを審査員の先生方がジャッジペーパーを片手に真剣に審査に周ります。モデルさんたちの手の甲にはエントリーナンバーがわかるよう、シールが貼られています。モデルさんたちはネイル雑誌の取材で写真を撮られたりもしていました。
このような競技がこの日だけで、8種。のべ246名のエントリーがありました。※ステージを使ったコンペと事前に提出したアートチップのコンペも含めると10種。エントリー者数はもっと多くなります!)ちなみに競技者は出場料を原わなければなりません。1種目につき約6~7千円となっているようです。ネイリストさんたちは、このようにお金を払ってまで、自らの技術を高めるためにイベントのたびに競技に出場しているのですね~。遠くで行われるときは旅費だってかかるわけです。こうやって大変な下積み期間を経て、力のあるネイリストさんに育っていくんだなぁとものすごく感心してしまいました。コンペを間近で見られたのもとても貴重な体験でしたよ。

「ステージ」a0080035_1539436.jpga0080035_15395716.jpg
競技中のホール内の一部にはステージができていて、ステージの前には観客用のパイプ椅子が並べられていました。つまり、競技中にも関わらずあちらのほうではショーが行われているんですね(笑)。競技の緊張感を損なわないのかしらんと心配しましたが、これが普通の状況なのか、そんなこと気にしているひとは誰もいません(笑)。左の写真(小さくて見づらいですが)は壇上で小笠原弥生先生がモデルさん相手にジェルフレンチスカルプのデモンストレーションを行っている様子です。手元のアップは左右にあるスクリーンに大写しにされます。観客のみなさん真剣に見入ってました~。やっぱりプロの技をこの目でじかに見るチャンスですもんね!
右の写真は、このイベントで行われた“ネイティフル”という競技の一こま。今回のテーマ「Happy!」からイメージするヘア・メイク・コスチューム・ネイルの調和を競う、見ていても楽しい競技です。ちょっと文化祭気分です~♪

「展示会」
a0080035_1645618.jpga0080035_1651023.jpg








ホールを一歩出た展示エリアではのネイルグッズ特別展示★販売会開催中。ご覧のとおりお買い物に来ている人がいっぱい。大きな声で言っていいのかわからないんですが(笑)、びっくりするほど安い値段でネイルグッズが買えるんですよ。タダで入れてこのメリットは大きいです。4割引ぐらいかなぁ。それを知ってる女の子たちがいっぱいやってきて午後になったらますます大混雑!お店のの方々も皆さん親切で、質問にも快く答えてくださるし、おまけもつけてくれたり♪ネイルの縁日みたいな気分です(笑)。
a0080035_16103980.jpga0080035_16105181.jpg各メーカーのブースでは商品販売だけでなく、有名ネイリストさんたちによる店頭デモンストレーションもあり。私でも知っているほど有名なネイリストさん(左は野尻早苗先生、右は布目純先生)が間近で施術されてるんですよ。ネイル音痴な私でも興奮モノ(←ミーハーです)!

=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・==・=・=・=・=・=・=・=・=・= 

a0080035_16262873.jpga0080035_16181276.jpga0080035_16275619.jpg






[ネイル協会の偉~い先生方の和やかな打ち合わせ風景]
[スタッフTシャツ]    [コンペのトロフィー]  


ネイルイベントってなにするの~? と思われていたみなさま、少しはその雰囲気をお分かりいただけたでしょうか。今回は、イベントの表も裏も隅から隅まで見させていただき楽しんでまいりました。競技でのネイリストさんたちの熱気、審査する先生方の真剣な眼差し、お買い物に来ていた女の子たちの笑顔、運営スタッフをされていた協会・スクール・メーカーのたくさんの方々・・・・。そこにいた方みなさんからネイルが好き!という気持ちが溢れていたのがとっても印象的でした。9月4日の名古屋のイベントも今から楽しみです!お近くの方はぜひ訪れてみてくださいね。

  クリックで応援お願いいたしますっ!!
[PR]
by nailexpo | 2006-08-14 16:39 | ネイルイベント。
帰りまーす。
a0080035_1725442.jpg

横浜ランドマークを後にします。イベント楽しかったです♪収穫もいっぱい。
NAILVENUSもランドの本屋さんでをやっと入手。
[PR]
by nailexpo | 2006-08-10 17:25 | 携帯から。
横浜でネイルイベントがあります。
a0080035_23583832.jpg
今週、横浜で行われるエアブラシのイベントのお知らせです。フラッと立ち寄っても入れちゃうみたいなので、お買い物ついでに覗いてみてください。ネイル用品がかなり安く買えちゃいますよん♪さらに、当「ネイル研究所。」所長にも会えちゃいます(笑)。あ、それはどうでもいいいか。

WAC(World Airbrush Competition in Yokohama) HPはこちら
【日時】
2006年8月10日(木)10:00~19:00
【会場】
ランドマークホール TEL 045-222-5050
〒220-0012 横浜市西区みなとみらい2-2-1ランドマークプラザ5F
【内容】
ネイルアートコンペティション
トップネイリストステージセミナー(エアーブラシ、ジェル、スカルプチュア等)
ネイルグッズ特別展示販売
【入場料】
無料(入場登録券を受付にて提出して下さい)
※一般の方は会場受付でお名前等を書き込めば入れまちゃうそうですよー♪

主催:Nail Factory JNAネイリスト協会
協賛:ネイルキャラバン、ネイル関連メーカー、商社
[PR]
by nailexpo | 2006-08-09 00:12 | ネイルイベント。
1,000円ネイルサロン その2。
3,150円のコースにしたのでしっかりクリーンアップをしてもらいました。やっぱり自分ではできないニッパーワーク(?)はサロンの醍醐味の一つだわ~。
a0080035_11482363.jpgではここからカラーに入ります。左の写真のようなアートのサンプルボードを見せてもらうのですが、ここでもばっちり値段表記がしてあります(笑)。迷っていると、「こんなのもあるんですよ」と一枚の紙を渡されました。これは 毎月のキャンペーンアートなんだそうです。この中のアートであればかなりお得な料金でやってもらえるんです。

a0080035_11512544.jpga0080035_11513348.jpgなかなか夏らしくてカワイイので、一番上のアートに決め!やっぱりお得という言葉にはヨワイのよね~(笑)。
このアートに使うのは、essie270、TINS004、essie251。まずベースになる細かいシルバーラメのessie251を2度塗り。・・・・・ハイ、 実はクイックネイルコースに含まれるカラーリングはここまで。つまり1色塗りまでです(1,000円コースも同様)。それらのコースを受けた上でキャンペーンのアートを施すと、プラス2,500円でございます。でも、最初の写真のサンプルボードをご覧いただければわかりますが、通常のアートは簡単なもので1本300円台~、ハイテクニックまたは大きなストーンを使うものだと1本1,000円以上とういお値段。さらにフレンチアート代も1,890円。 ・・・例えば1本だけ800円のアート、他の9本は300円のアートをした場合のお値段は3,500円という計算に。やっぱりキャンペーンはお得ってワケですね。なるほど。

a0080035_12253170.jpg アートが同じであれば色は好きに変えてもお値段変わらないそうなのですが、ブルーのフレンチが爽やかで夏っぽかったのでサンプル通りにしてもらいます。左の写真は3D制作前の状態です。
■ここまでの工程■
1. ベースコート
こちらのサロンではessieを使用
2. 細かいシルバーラメ2度塗り
このessieのラメ、かなり可愛くて使えそう。欲しい!
3. ブルーでフレンチ いとも簡単にフレンチのラインを引くネイリストさん!さすが☆
4. フレンチの境界線上に大粒シルバーラメをオン 細かいひと手間が仕上がりを左右するのねっ)
・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・
 
 a0080035_12332835.jpg
そしておまちかねの 3Dアート初体験♪この3Dはスカルプチュアを作ったときと同じ材料でできてるんだそうです。爪を作るときは「ナチュラル」色で3Dアートには色付きのものを使うとのこと。これは「ホワイト」。粘土細工かはたまたシュガーアートのようですねぇ。うっとり。ミクスチュアを乗せるとあっという間に固まっていくようなのでスピーディにアートを作らなくてはいけなさそうですよ。
a0080035_12451643.jpgはーい。できましたーー!!
薬指1本に、トロピカルなお花(プルメリアかな)と葉っぱの3Dアートです。真ん中にはゴールドのブリオンがのってます。前回に比べてだいぶ冒険度がUPしてます(笑)。このブルーがちっともいやらしくなくて、本当に涼しげな手元になって大満足です!ベース部分のキラキラがちょっとソーダっぽいところもカワイイ♪a0080035_1248543.jpg









というわけで、カラー編だけでたっぷり記事1本分使ってしまいました(笑)。自分ではできないネイルアートを楽しめるのもサロンの良さですよね~。今回3Dをしてみてグッとまたネイルの魅力を強く感じてしまいました。ストーンみたいに取れないし、家事する人向きかも!

ではハンドトータルのお会計。
クイックネイルコース3,150円+スカルプリムーブ525円+ナチュラルスカルプ1,890円(2本)+キャンペーンアート2,500円=8,065円でした。
※今回はスカルプ2本したけれど、前回のサロンとハンドのお値段変わらなかったという事実がここに判明。

a0080035_12572893.jpg naillandネイルランド板橋店 サロンのHP
1度座ってしまえばここがスーパーの中だなんてことは忘れます(笑)。ただ、たまーに“ピンポンパンポーン お客様のお呼び出しを・・・・・”なんて館内放送が流れると「あ、アタシ今サティに居るんだった・・・」と思い出します(笑)。

  次回は1,000円ネイル、フット編!クリックしていただくと更新が早まるかも(笑)?
[PR]
by nailexpo | 2006-08-08 13:08 | ネイルサロン体験。
1,000円ネイルサロン その1。
前回のサロンよりちょうど1ヶ月後ぐらいのサロン訪問となりました。その間2度ぐらい自分でケア&カラーしたかな。ぺディはストーンがほぼ取れてしまったものの、カラーはほとんどキレイに残ったまま(プロの塗りはスゴイね)。  そんな状態で今回向かったのは・・・a0080035_956422.jpga0080035_956528.jpg
ローカルムード満点の東武東上線・東武練馬駅前にある大型スーパー“SATY”でございます。あれあれ?お買い物じゃなくてネイルサロンに行くんじゃないの?a0080035_10112280.jpgご心配なく。このスーパーの中にネイルサロンがあるんです。1階コスメ売り場の辺りに・・・・ではなく、場所は2階のメガネ屋さんのお隣。エレベーターの前!というなんとも切ないポジショニング(確かに“ニオイ”の出るものだから出店場所にはいろいろ制限があるのでしょうねぇ)。スーパーだからお買い物ついでに来るマダムが多いのかしらん♪と思いつつお店を覗くと期待通りの雰囲気。平日の午前中だというa0080035_10173797.jpgのにカウンターはにぎわっていましたよー。
3席あるうちの一つに腰をすえ、まずはネイリストさんと本日のメニューを相談。このお店の名物メニューである 1,000円ネイル(15分でミニケアとカラーリング)を試さない手はないでしょう!ということで早速スタート!
まずは、前回つけた右人差し指のスカルプチュアをはずす(リムーブ)をしなくてはなりません。はい、プラス525円(1本分)。続いてまた問題勃発。 左の人差し指と小指の爪がまたもや折れてます!「スカルプ足しましょうか?それだと1本945円です♪」はい、プラス1,890円(笑)。その場でいくらプラスになるかとはっきり言ってくれて、その上でどうするかこちらa0080035_1030211.jpga0080035_10304654.jpgが選択することができるのでとっても安心。まさに 明朗会計ネイルサロン!  お寿司屋さんと一緒かしら。高級店は座ったが最後、おあいそまで「今いくらぐらいかな」なんて思ってはいけなくて、最後に提示された額を黙って払うってもんでしょう。反対にまわるお寿司だったらお皿で見れば一目瞭然。そんな感じと似てるな~と思いました(笑)。

☆今回はスカルプの工程は別の記事にてUPしますので今は省略です(おたのしみに)。

カラーオフ(リムーバーでカラーを落とす)→ファイル(やすりで長さをそろえる)→ミニケアと終了し、あっという間に「カラーどうしますか?」と聞かれました。ミニケアというのはササクレを綺麗にしたりという程度の本当~に簡単なケアだったのです。 サロンで期待すべきは“プロのケア”だと前回痛感した私としては大変物足りない!ちゃんとしたケアをしてもらうとすると、3,150円のクイックネイルコースになるということ。1,000円コースから3,150円コースにチェンジしたということですねー。悩んだ末、2,150円分のケアはしてもらおうと思いコースチェンジ(笑)。やっぱりサロンはケアだもの!
ネイリストさんに伺うと、最初は1,000円コースで来店する方がほとんどだそうです。そこでプロの技というものを1度知ると、だんだんと本格的なメニューに挑戦されていくんですって。私と同じときに施術を受けていたほかのお客様もジェルネイルをしてる方が多かったです!

長くなりました。ハンド編、カラーまで行き着きませんでしたが一旦ここでおあいそ(笑)。
ここまでの料金:クイックネイルコース3,150円+スカルプリムーブ525円+ナチュラルスカルプ1,890円(2本)=5,565円也。

a0080035_10563142.jpg今回私が行ったのは・・・
nailland(ネイルランド)板橋店
詳しくはHP ※クーポンあります
東武練馬駅前SATYの2階。生活に根付いたネイルライフはここから発信されているといっても過言ではありません。ネイルサロンって敷居が高くて・・・というビギナーさんのデビューサロンにはもってこいでしょう♪
ブースに座ると意外に周囲のざわつきは気にならなかったです。私のよく行くスーパーにもnaillandがあればいいのに・・・・。

  カラー編もすぐにUPしま~す
[PR]
by nailexpo | 2006-08-08 11:41 | ネイルサロン体験。